So-net無料ブログ作成
御願い致します。 ブログトップ

Sで拾得物、そして結末は? [御願い致します。]

こんにちは[パンチ]




なぜ[パンチ]かと言うと~


まぁ~ったく、意味は有りません~


そんなBLOGです。


以前の記事 「Sでタックル水没の方へ~!」 にて皆様に善意の御協力を賜った続報です。

あらためて、御礼申し上げます!

およそ1ヶ月間経過し、持ち主と思われる方からの御一報は有りません(#TдT#)シクシク





派出所.JPG
と言う事で、S沼最寄の派出所へ届けてきました。


本件の当事者は、息子ですので拾得物について警察官とヤリトリするのも本人(`ロ´;)


かすれた様な小声&直立不動&後ろ手と極度の緊張状態^^;


一方、警察官の方も釣り業界の道具ですので難解なネーミングに四苦八苦(; ̄ェ ̄)


拾得物の届けには2種類有る様で...今回のタックルは有価証券では無い為、拾得日から1週間以内に届出が有った場合、規定の時期を過ぎて持ち主が現れない場合 拾得物を届けた本人に所有権が移ります。


但し、今回は拾得物を約1ヶ月放置していた為 コレに値しないと言う事ですが~


息子は、当初から拾った(正確には釣り上げた)タックルは要らないと申し出ておりました(o^-')b


拾得物は期日を過ぎると、国庫と成り3社程度の買取業者の中から落札されます。


詳しく知りたい方は→遺失物法(平成18年法律73号)各条項を御参照願います<(_ _)>

書類.JPG
実際に作成された「拾得物件預かり書」でございます(o^-')b


と言う事で、心当たりのある方は最寄の派出所へ宜しくお願い致します。


ぶっちゃけ、心の荷が下りましたヽ( ´▽`)ノ


当然ですが、拾得物はS沼最寄の派出所へ届けましたよ!


・・・


はい、その後は釣行でした♪


s.JPG

2013年2月10日 PM1:30 S到着


季節は移り変わり、越冬しているBASS達も体力に勝る固体から徐々にスポーニングを意識しだす~


そう妄想し、シャローでiKピ65を投げまくる釣りを主軸に深場をシャッド&Dクランクで流しました♪


結果はデコでしたが、春を体感する出来事が御座いました(#TдT#)シクシク


あと数メートルでランディング...


バラシた後は、膝がガクガク~ブルブルでしたが...


生きているって、実感できるBassFishingは~やはり最高ですね(o^-')b


ではでは[犬]


Sでタックル水没の方へ~! [御願い致します。]

2013年1月5日(土曜日)

S沼にて「水没していたタックル」を、ぬるま湯 が釣りあげました~

同じ釣り人 大事にしているタックルへの愛 は痛いほど分かります!

もしや!

と思われる方、コメントにて御連絡頂きたし♪

水没していたタックル → 高価なベイトロッドです!!

想定される水没時期→ここ1ヶ月程度か?

水没していたタックルが、持ち主へ戻れる様 御協力御願い致します。



<(_ _)>

W.B.S東日本大震災義援キャンペーン [御願い致します。]

私の尊敬するBloger「bass life / メタメタバサーメン」さん のPAGE COPYです!!
豪腕アングラーな「皆さんにお似合い」と思います♪


W.B.Sの東日本大震災義援キャンペーン


W.B.Sの東日本大震災義援キャンペーンが発表されました
今後数年かかるであろう復旧を長く支援していこうという
趣旨の義援キャンペーンです
ブログやホームページで呼びかけもしてほしいとのことです。

詳しくは下記ページへ
http://www.wbs1.jp/news/2011/3/311.html


pm10:10 紺5個発注しました!皆様もどうぞ宜しく!!

皆さん、是非とも願います! [御願い致します。]

先程、私の大好きなBloger(やじ さん)の処に訪問しました!!
以下COPEですが、宜しくお願い致します。

「以下、やじ さんBLOGのCOPEを是非!とも願います!!」


水郷をホームとしている皆様へ。
私も愛読しているtomoさんのブログへのリンクです。是非、ご一読ください。
我々も、やれることからやっていきましょう!

http://plaza.rakuten.co.jp/tomobass/diary/201103130000/

以下、本文コピペ

できれば、以下の内容をブログ等で広く情報を広げてください。

こちら水郷地区は、所により甚大な被害が出ております。釣りやサーフィンなどのレジャー等でこちら水郷には、しばらくの間、来ることを見合せてください。

水辺の道等は、まだ安全の確認が取れてない所も多々あります。

また水道、電気などライフラインの復旧もまだ見通しがたっていません。

地元住民の安全を確保する上でも、こちらに大量の人間が流入することは、危険が伴いますので、しばらくはこちらにくることを見合せてくれることをお願いいたします


Blogerの方々! 是非とも 宜しく、お願い致します。
御願い致します。 ブログトップ